土地の名義変更とは

土地の名義変更とは

誰かの所有物である土地は、必ずその誰か名義になっているわけです。

その土地を例えば誰かにあげることになり、名義変更をしたい・・と考えた時、実はものすごく面倒くさい手続きが必要だったりするのです。

お互いが了承しているのだからそれで良いのだと考えても法的にはそんな簡単なことではありません。

しっかりと方に基づいた手続きを取らなければいけません。

また、名義主が亡くなった時、その土地はどうなりますか?

もう亡くなってしまったのだから手続き出来ない・・と放置されますか?

違いますよね。

残された遺族の誰かがその土地の名義をもらうことになります。

まずは、この名義を誰がもらうかといったことを相続すべき人たちで話し合いを行わなければいけません。

因みにこの会議は、「遺産分割協議」と呼ばれています。

亡くなられた方の土地の名義変更を行うには、まず、この遺産分割協議から始まります。

誰の名義になるかを決めなければ、名義変更の話は進みませんから・・。

全員の納得の元、変更主が決まれば、いよいよ本格的に名義変更の手続きが始まります。

会議に参加できないこともあるかと思いますが、了承を取ることが出来れば問題ありません。