土地の名義変更を行うにあたって遺産分割協議書を作る

土地の名義変更と遺産分割協議書

土地の所有者が亡くなられた時、その土地の名義は誰に変更するのか、を話し合わなければいけません。

そして、簡単に○○さんに決まり丸く収まる・・と言うわけにはいきません。

残念ながら色々な手続きを行わなければいけないのです。

とりあえずは、誰に土地の名義を変更するのか、遺産分割協議を行います。

それで全員が了承して、誰に名義変更をするか決まったとします。

決まりましたら、次に行わなければいけないことは、「遺産分割協議書」と言うものを作ることです。

この遺産分割には特別に決まった書き方はありません。

でも注意しなければいけないのは、相続すべき人たちが全員で協議した結果だということを記載しなければいけないと言うことと、土地について書く場合は、登記事項証明書を書き写すと言うことです。

【参考サイト】・・・>http://www.moj.go.jp/MINJI/minji73.html

もし、これらのことでミスが発覚すれば、法務局は許可を出してくれません。

遺産分割協議書を作りなおさなくてはいけなくなり、遺族全員に迷惑がかかることになってしまいます。

名義変更不可となってしまうこともあります。

土地の名義変更は少々面倒な手続きですので間違いのないよう気をつけてください。

Facebook Twitter Google+ はてなBookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加